コースの紹介

  • キャンペーン 先着10名様の「入会費半額キャンペーン」開催中。
    それぞれのクラス先着10名様まで入会費が半額になります。
    入会費14000円→7000円(税込)

  • 生徒募集中 2020年4月スタートのクラスの生徒募集中です。
    入会希望の方は、「お名前」と「入会希望」と書いてメールをお送りください。
    『入会方法』のページ

月謝・入会費について

この教室は、授業形式をシンプルにするなどの工夫によって、できるだけ低価格な月謝にしています。

子供達やこういった分野に興味のある方が参加しやすいようにするためです。

ただし来年度以降、月謝変更の可能性もございますので、ご興味のある方は、2021年4月開始をおすすめします。

※新型コロナウイルスの状況次第では「名古屋校」「春日井校」の教室での授業は、一時的にオンライン授業に切り替えることがございます。

入会費

14000円(税込)
キャンペーン適応の場合は、7000円(税込)

月謝

小学生 5900円(税込)
小学生4年生から


中学生 6900円(税込)
希望者は進学相談あり


高学生 7900円(税込)
希望者は進学相談あり


大学生 8900円→7900円(税込)
希望者はクリエイティブ業界への就活アドバイスあり


大人  9900円→8900円(税込)
趣味から上達まで


※大学生と大人の月謝は、先着20名のみ、6か月間1000円の割引となります。このキャンペーンは予告なく終了します。


個別サポート 月謝+5000円(税込)
進学、就活、プロ志望の個別サポート 定員あり



※プロ志望者のサポートには、ある程度の作品数が必要です。作品数が少ない場合はプロ志望のサポートはできませんので、まずは作品数を増やしていただく形になります。プロ志望の方は入会前にご相談ください。

イラスト作成ソフトについて

皆さんそれぞれ違うイラスト作成ソフトをお使いだと思いますので、そのまま使っていただいて大丈夫です。

イラスト作成ソフトをお持ちでない方は、必要なければ購入する必要はございません。

紙に鉛筆や色鉛筆などで絵を描く形でも大丈夫です。
紙に描いたものをデータで提出する場合、スマホなどで写真に撮ってデータを送っていただければと思います。

皆さんのそれぞれ違うソフトを使っているので、この教室ではイラスト作成ソフトの「使い方」についての授業は行いません。

イラスト作成ソフトについては、ネットの情報などで使えるようになる方がほとんどだからです。

アニメ制作ソフトについて

アニメーション制作を学びたい方は、アニメーション制作ソフトが必要になります。
(イラストやデッサンを中心に学びたい方は必要ありませんが、同じ月謝ですので、アニメ制作に少しでも興味のある方は学んでみることをお勧めします。

過去のバージョンのソフトですと「ヤフオク」や「メルカリ」などで、3000円~15000円ほどで見つけられることがあります。入会希望の方、事前にご相談ください。

ご自身で用意することが難しい場合は、教室でご用意できることもございますので、入会希望の方は、一度ご相談いただければと思います。

また絵を描くためのペンタブレット(ペンタブ)も必要になります。
最近は、初心者向けの低価格のものでも機能が良くなっていますので、そちらで十分だと思います。

お気軽にお問い合わせください

090-4468-9744 受付時間 火~土 11:00~19:00
授業中などでお電話に出られないことがございます。

授業の開催期間

それぞれのクラスの開催期間は「12か月」です。

具体的な開催期間は、2021年4月~2022年3月となります。

12か月で一旦クラスは終わりとなり、新たにクラスごとに生徒募集を行います。

定員を超えることがなければ、そのまま継続することができます。

※継続の場合は、入会費は必要ありません。

授業時間について

『オンライン教室』の授業時間

『オンライン教室』は、月3回、金曜日の授業です。

ご自宅ですべての授業にご参加いただけます。


第1金曜日 「オンライン授業」18:00~19:30
第2金曜日 「動画授業」夕方までに送信
第4金曜日 「動画授業」「講評会動画」夕方までに送信


第1金曜日の18:00~19:30は、ZOOMを使ったリアルタイムの「オンライン授業」を開催します。

オンライン教室では、課題についての説明をしたり、ご質問にお答えしたり、制作を行います。

(もしこの時間のオンライン授業に参加できない日は、録画したものを後でご覧いただく形でも大丈夫です。)



第2金曜日、第4金曜日「動画授業」の日で、この日の夕方までに生徒さんへメールで動画を送信します。

「動画授業」では、アニメ制作に関する説明を行っていきます。

ご自宅でご都合の良い時間に、動画を見ながら課題の作業を行い、データを提出していただきます。(アニメ制作を学びたい方のみ)

分からない点やうまくできない点については、メールで質問することができます。
届いたご質問には、ご質問への回答を録画した動画(回答動画)を作成してお送りしたり、オンライン授業の時にお答えします。




「講評会動画」は、その月に提出していただいた作品に対して、アドバイスを行う「講評会」を動画にしたものです。

作品数が多い場合は、いくつか作品を選んで講評を行います。
他の生徒さんの作品から学べることも多くあるので、しっかりご覧いただければと思います。



※ 上記は2021年度の授業時間と授業内容です。2022年度は変更することもございます。

『名古屋校(名駅校)』の授業時間

※新型コロナウイルスの状況次第では「名古屋校」の教室での授業は、一時的にオンライン授業に切り替えることがございます。


『名古屋校(名駅校)』は、月3回、土曜日と金曜日の授業です。

名古屋校に来て授業に参加するのは「月1回」で、他の授業は「ご自宅」でご参加いただけます。


第1土曜日「名古屋駅校での授業」15:30~16:55
第2金曜日「動画授業」夕方までに送信
第4金曜日「動画授業」「講評会動画」夕方までに送信


第1土曜日の15:30~16:55は、名古屋校の教室で授業を行います。

教室では、課題についての説明をしたり、ご質問にお答えしたり、制作を行います。



第2金曜日、第4金曜日「動画授業」の日で、この日の夕方までに生徒さんへメールで動画を送信します。

「動画授業」では、アニメ制作に関する説明を行っていきます。

ご自宅でご都合の良い時間に、動画を見ながら課題の作業を行い、データを提出していただきます。(アニメ制作を学びたい方のみ)

分からない点やうまくできない点については、メールで質問することができます。

届いたご質問には、ご質問への回答を録画した動画(回答動画)を作成してお送りしたり、教室の授業の時にお答えします。



「講評会動画」は、その月に提出していただいた作品に対して、アドバイスを行う「講評会」を動画にしたものです。

作品数が多い場合は、いくつか作品を選んで講評を行います。他の生徒さんの作品から学べることも多くあるので、しっかりご覧いただければと思います。



※上記は2021年度の授業時間と授業内容です。2022年度は変更することもございます。

『春日井校(高蔵寺校)』の授業時間

※新型コロナウイルスの状況次第では「春日井校」の教室での授業は、一時的にオンライン授業に切り替えることがございます。


『春日井校(高蔵寺校)』は、月3回、火曜日と金曜日の授業です。

春日井校に来て授業に参加するのは「月1回」で、他の授業は「ご自宅」でご参加いただけます。


第1火曜日「春日井校での授業」18:00~19:30 
第2金曜日「動画授業」夕方までに送信
第4金曜日「動画授業」「講評会動画」夕方までに送信


第1火曜日の18:00~19:30は、春日井校の教室で授業を行います。

もし、小中学生の生徒さんのお申し込みが一定以上あった場合は、この時間の前にもクラスを開設します。

教室では、課題についての説明をしたり、ご質問にお答えしたり、制作を行います。



第2金曜日、第4金曜日「動画授業」の日で、この日の夕方までに生徒さんへメールで動画を送信します。

「動画授業」では、アニメ制作に関する説明を行っていきます。

ご自宅でご都合の良い時間に、動画を見ながら課題の作業を行い、データを提出していただきます。(アニメ制作を学びたい方のみ)

分からない点やうまくできない点については、メールで質問することができます。

届いたご質問には、ご質問への回答を録画した動画(回答動画)を作成してお送りしたり、教室の授業の時にお答えします。



「講評会動画」は、その月に提出していただいた作品に対して、アドバイスを行う「講評会」を動画にしたものです。

作品数が多い場合は、いくつか作品を選んで講評を行います。他の生徒さんの作品から学べることも多くあるので、しっかりご覧いただければと思います。


※上記は2021年度の授業時間と授業内容です。2022年度は変更することもございます。

授業内容について

授業の流れ

この教室では、大きく分けると「絵の上達のための練習」と「アニメ制作のデジタル技術の習得」のふたつの授業内容がございます。

イラストやデッサンを主に学んでいきたい方は、「絵の上達のための練習」が中心になります。

アニメ制作を主に学んでいきたい方は、「アニメ制作のデジタル技術の習得」が中心になります。

もちろん両方を学んでいくこともできます。

見ているうちに興味が出てくるということもあるので、それぞれどんなことを学んでいるかは皆さん見ることができるようにしています。

それでは、ふたつの授業内容の流れについて、それぞれ説明をさせていただきます。

「絵の上達のための練習」の流れ

毎月1回、1作品を提出してもらうという、シンプルな形で授業は行われます。

その月によって練習していきたいポイントが違うので、デッサン、クロッキー、イラストなどを提出していただきます。

ひとつの練習課題に対して1か月の時間がありますので、ゆっくり描いていく形でも大丈夫です。

完成できなくても大丈夫ですので1枚はデータを提出して頂ければと思います。

多く描ける方は、何枚も提出してもらって大丈夫です。

もし、その月の練習課題の内容に合わせて絵を描くことが難しい場合は、「自由制作(自分の描きたいもの)」でも大丈夫です。

作品を完成できた、できないよりも、1か月ごとに作品を提出しつづけていくことが、様々な意味で重要な練習になっています。


提出された作品データの中から、いくつかの作品を選んで講評会を行い、作品の添削や重要なポイントについて説明をしていきます。

作品数が多い場合、全員の作品講評はできないこともございますが、他の生徒さんの作品へのアドバイスも必ず学べることがありますので、しっかり聞いていただければと思います。

「アニメ制作のデジタル技術の習得」の流れ

最初の1年間で、まずはアニメ制作ソフトの使い方を学び、簡単なアニメ作品を作ることを目指していきます。

初心者がほとんどだと思いますので、アニメ制作ソフトの使い方を、簡単なところから順番に説明してきます。

基本的に、アニメ制作ソフトの操作については「動画授業」で説明していきます。

その動画の説明の通りに簡単な練習課題を行い、できればデータを提出してもらいたいと思います。

分からない部分があるなどのご質問に対しては、メールでまとめて送っていただきます。

メールで届いた質問は、次回の授業の時にお答えしたり、動画でご質問にお答えする「回答動画」をお送りします。

もし、ひとりの方のご質問が多い場合は、いくつか質問を選んでいただいたり、何回かに分けてお答えさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください

090-4468-9744 受付時間 火~土 11:00~19:00
授業中などでお電話に出られないことがございます。